(花園 祐:中国・上海在住ジャーナリスト)

 中国汽車工業協会によると、2022年1〜6月の中国自動車販売台数は前年同期比6.6%減の1205.7万台でした。4月以降、上海市をはじめ中国各地で行われた新型コロナ対策のロックダウン(都市封鎖)によって乗用車販売は伸び悩み(同3.4%増の1035.5万台)、商用車市場の大幅な落ち込み(同6.6%減の152.2万台)も重なった結果、自動車市場全体で前年割れという結果となりました。

 一方、昨年(2021年)から急拡大が続く新エネルギー車市場は目を見張る拡大が続いています。2022年1〜6月における販売台数は同115%増の260万台となり、昨年同様に倍増ペースが続いています。

 中でも、日本乗用車市場への進出を発表した新エネルギー車の老舗メーカー、比亜迪汽車(以下「BYD」)の躍進ぶりが大きく目立ちました。背景にはロックダウンでサプライチェーンが混乱する中、重要部品を自社調達する垂直統合の効果が指摘されています。

 今回はこうした上半期における中国自動車市場の動きを、各種統計とともに解説します。