アマゾン・ドット・コムは8月1日、他の小売店から商品を預かり、顧客宅に配達するサービスを米国で本格展開すると明らかにした。顧客がアマゾンのウェブサイトやアプリで注文すると当日中に、業務委託している配送ドライバーが小売店で商品を受け取り、顧客宅に配達する。

他店の商品を即日配達

 プライム会員向けのサービスで、1回の注文金額が25ドル(約3300円)以上であれば追加料金はかからない。25ドル未満の場合は1回2.99ドル(約390円)のサービス料が発生する。

 当初対象となる都市は、首都ワシントンDCやワシントン州シアトル、ネバダ州ラスベガス、テキサス州ダラス、イリノイ州シカゴ、ジョージア州アトランタなどの約10都市。

 対象となる小売ブランドは、アパレルの「PacSun」や「Diesel」、「Superdry」など。サプリメントなどの健康・栄養食品を扱う「GNC」も新サービスの対象になる。

 アマゾンによると、対象商品はこのほか、日用品、美容、ペット、おもちゃ、電子機器など数十のカテゴリーに及ぶ。一部の小売店は、ネットで注文後、店頭で受け取れるようにする。

 アマゾンはすでに約10都市でこのサービスを始めたが、今後数カ月以内に都市を増やして全米展開し、小売ブランドも追加していく考えだ。

自社管理の物流網で配送迅速化

 これに先立つ2022年5月、米CNBCやブルームバーグ通信はアマゾンが同様のサービスを試験提供していると報じていた。配送ドライバーがショッピングモール内の小売店から商品を預かり、顧客宅の玄関先に届けるというサービスで、「Amazon Flex(アマゾン・フレックス)」と呼ぶ、業務委託プログラムに参加する個人事業主のドライバーを活用するものだった。