米アップルのデジタル広告事業が急成長していると、米CNBCが9月6日に報じた。

App Store広告急成長

  英国のモバイル広告調査会社アップシューマー(Appsumer)は、北米・欧州の消費者向けアプリ企業約100社のオンライン広告費を調査した。それによると、アップルのアプリ配信「App Store」の広告サービスを利用した企業の比率は2022年4〜6月期に94.8%に達した。前年同期から約4ポイント上昇している。

 米グーグルの広告サービスを利用した企業の比率は前年同期比2ポイント低下し94.8%と、アップルと同比率になった。一方、米メタは同3ポイント低下し、82.8%となった。

 ネット広告市場ではグーグルとメタが先行しており、2社の寡占状態(デュオポリー)が続いている。だがこれが崩壊しつつあるかもしれないと、CNBCは報じている。

 アップシューマーは、アップルの広告事業が急成長している要因として、ダウンロード件数を増やすために大金を支払うことをいとわないアプリ開発企業が増加していることを挙げている。

 また、アップルは21年4月にプライバシー保護を目的とした新ルール「アプリのトラッキング透明性(ATT)」を導入した。これにより、iPhone向けアプリ内の利用者絞り込み精度が低下し、フェイスブックなどのアプリへの広告掲出が減少した。