(城郭・戦国史研究家:西股 総生)

◉ 中国大返しに見る戦国武将の危機管理術(前編)
(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/63911)
◉中国大返しに見る戦国武将の危機管理術(中編)
(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/63912)

相手を一発で仕留める秀吉のしたたかさ

(前回から)備中高松城を囲んでいる秀吉にとって最大の問題は、光秀の援軍や信長の本隊が、実際は何日に現着するのか、ということだ。それによって、前線での駆け引きの仕方が変わってくるからだ。

 もちろん、光秀も信長も随時連絡は入れてきただろう。だが、現場の状況は刻々変わる。知りたいのは、「何日着の予定」という努力目標的な見通しなどではなく、何日に何人の部隊が現着できるのか、というナマの情報だ。秀吉が、自分が上方にもっている人脈や情報網を駆使して、光秀と信長の動向をモニターしていたとても、何の不思議はない。

 そんなところに、光秀の密使が飛び込んできたのである。もちろん、この時点では、実際に何が起きたのかも、信長の安否も、未確認のままだ。そもそも密書なるものだって、何かの謀略かもしれない。

 しかし、仮に謀略だとしても、そんな怪文書が出回っている時点で、「何か」が起きているのである。それも、光秀と信長が関わる(あるいは巻き込まれる)ような「何か」が、上方で起きている。だとしたら、この時点で、少なくとも光秀の援軍が予定通りに現着する可能性は消滅した、と判断しなくてはならない。

 となれば、取りあえず戦線をペンディングさせて備前まで退こう、というのは作戦上の判断として当然ではないか。もちろん、停戦など持ちかければ、毛利方だって「織田方に何かあったな」と勘ぐるにちがいない。しかし、勘ぐったところで、本当は何が起きているかつかみかねるのは、毛利とて同じだ。そこへ、「城主一人の切腹と引き換えに城は解放する」という、相手が一発で飲める条件を出した秀吉の判断が、したたかなのだ。

 われわれは、備中高松城水攻め→本能寺の変→中国大返し→山崎の合戦→秀吉の天下取りへ、という流れを歴史上の事実として知っている。しかしそれゆえに、つい結果から逆算して、物事を評価してしまいがちだ。本能寺の変を知った秀吉は、光秀を討って天下を取るべく中国大返しを決断した、と。

 しかし、本当のところはどうだったのだろう。秀吉は、信長の企図した決戦が不発になると踏んで、まず備前までの退却を決めた。その一方で、上方の状況を大至急、確認にかかったはずである。距離と時間から考えるなら、前線を撤収して備前まで後退するまでのどこかで、光秀の謀叛と信長の死を確認した、と見てよいだろう。

 信長が死んだとなれば、天下の行方いかんにかかわらず、織田帝国の空中分解は避けられない。だとしたら秀吉としては、まずは自力での生き残りを図らねばならない。ここは宇喜多を捨て石にしてでも、ただちに退却して全軍を姫路に集結させる、というのが正しい判断だ。光秀やら天下やらに、どう対応するかなどというのは、その先にある問題でしかない。

 何か想定外の突発事態が起きたら、まずは情報収集と事実確認につとめ、冷静に間違いのない判断を・・・などというのは、平和な人間の発想である。そんな悠長なことをいっていたら生き残れないのが、非常時であり、戦国乱世なのだ。

 情報不足で(ないしは情報が錯綜して)事実が確認できないからこそ、すばやく決断を下し、少しでも生き残る確率が高い方へ、ためらうことなく全力で動く。それが、乱世を生きる戦国武将たちの危機管理術だったのだ。

(西股 総生)