エイベックス・テクノロジー(ATS)がThe Sandobox(ザ・サンドボックス)とパートナーシップを提携し、今年中にザ・サンドボックス内に「エイベックスランド(仮称)」をオープンすることを3月1日に発表した。

 発表によると、エイベックスはザ・サンドボックス内に土地(LAND)を購入して準備を進めているという。

ザ・サンドボックス内の「土地取引」はすでに“バブル”真っ只中

 ザ・サンドボックスとは、ブロックチェーン技術を活用したゲームプラットフォームで、「メタバース」と呼ばれる仮想空間の中では最大手。「LAND」と呼ばれる仮想土地を購入することで、そこでオリジナルのサービス、ゲーム、アイテム、キャラクターを作成・展開することができる。現在、日本ではまだ馴染み薄いが、海外では「流行中のメタバース」といえばザ・サンドボックスを指すとまで言われる。

 ユーザーは所有するLANDや、自分の作成したアイテム、キャラクターをNFT(非代替性トークン)として自由に売買することが出来、これが投資の対象にもなっている。投資家の間では、LANDを買い、高値で売るということが流行っており、ザ・サンドボックスのLANDは現在、“バブル全盛期”にある。