あなたに「包丁」を手渡したい。だからこの本を勧めます。

 こんなPOP(書店店頭の販促用カードやポスター)のフレーズで、大きく売り伸ばしている本がある。とはいえ、このフレーズだけでは意味が分からないだろう。今回は、「いかにしてPOPのフレーズを考えるか」という観点から、本の紹介をしてみたいと思う。

 2017年はまだ1カ月あるが、さわや書店フェザン店の文庫売上のランキングの途中経過を出してみた。原稿を書いている時点のトップ3はこんなラインナップになっている。

1位 清水潔『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)
2位 野矢茂樹『はじめて考えるときのように』(PHP文庫)
3位 住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉文庫)

 4位以下もなかなか変なランキングなのだが、トップ3だけを見ても、他の書店とは大きくかけ離れていることだろう。

 3位の『君の膵臓をたべたい』は、単行本の時から大いに話題になった大ベストセラー作品だから想定内かもしれない。文庫化された後も、映画化などもあり、やはり大きく売れている。書店にもよるだろうが、『君の膵臓をたべたい』が2017年の文庫売上の1位という書店は多いかもしれない。

 1位の『殺人犯はそこにいる』は、2016年、当店が仕掛けた『文庫X』の中身の本である。2016年のランキングでは当然1位だったが、2017年も、2位に2倍近くの差をつけてダントツの1位となった。

 さて、問題は2位の『はじめて考えるときのように』である。大ベストセラーである『君の膵臓をたべたい』よりも売れているこの本は、一体何だろうか? この本こそが、冒頭に書いたフレーズのPOPで売り伸ばした1冊なのだ。