社会に大きな衝撃を与えた、TOKIOの山口元メンバーによる未成年者への強制わいせつ事件。検察による不起訴処分、そして山口元メンバーのTOKIO脱退で、ようやく一区切りがついた感もあります。

 それにしても、今回の事件。そもそも、自身がMCをしている番組の共演者、しかも未成年者へのわいせつ行為が問題なのに、いつの間にか山口元メンバーのアルコール依存症疑惑が大きな焦点になっています。どうしても事件の論点を恣意的にずらし、アルコール問題を原因に幕引きを狙う意図を感じてしまうのですが・・・。

冷静沈着かつ客観的にアルコールの本質に迫る

 そもそも地位や名誉、財産など、欲しいものすべてを手に入れたであろう山口元メンバーが、なぜアルコールに溺れてしまわなければならなかったのか。何一つ手に入れることができずに、底辺に這いつくばりながらも、まだ依存症まで陥っていない(はずの?)酒飲みの私には、非常に興味深いです。

 その答えを探るのに格好の一冊が『上を向いてアルコール 「元アル中」コラムニストの告白』(小田嶋隆著、ミシマ社刊)

 それまでの飲み過ぎがたたり、「40で酒乱、50で人格崩壊、60で死にますよ」と、30代で医者に最後通告をされた著者。そこからいかにアルコール依存症と向き合い、抜け出したのかを綴った体験記です。アルコールにどっぷりと浸っていく過程から、周囲のとまどい、また飲まなくなったことで見えてくる光景を、様々なエピソードを交えながら、描いています。

「酒で現実逃避はできない」
「考え方の病気です」
『「私は酔っ払いです」というポジションの楽さ』・・・

 さくっとうまく伝えきれないほど内容が濃い本書。それぞれの見出しだけでも、酒飲みには耳の痛い話が並んでいることがお分かりでしょう。