紀元前2世紀ころのエジプトですでに行われていた女子割礼。今なお世界中で2億人もの女性たちが受けているという。残酷で非合理な通過儀礼はなぜ撲滅されないのか。世界の奇祭や儀式に詳しい杉岡幸徳氏が不可解な性愛の風習を紐解く。(JBpress)

(※)本稿は『世界の性習俗』(杉岡幸徳著、角川新書)より一部抜粋・再編集したものです。

花嫁の絶叫が響くホテル

 スーダンのホテルに泊まると、夜中にどこからともなく女性の絶叫が聞こえてくることがあります。これは、新婚初夜の花嫁の叫びです。花嫁は花婿から女性器の切開を受けているのです。

 スーダンの女性の多くは、いわゆる「女子割礼」を受けています。これは、クリトリスと大陰唇・小陰唇を切除し、膣を縫い合わせてしまうというものです。

 初夜になると、花婿は花嫁の封鎖された膣を開くため、指や男性器を少しずつ挿入していきます。これが苦痛を呼び起こすのです。完全に挿入できるようになるまで数カ月かかることもあるようです。

 また、新郎が焦るあまり、ナイフやハサミで膣を切開してしまうこともあります。この膣切開を男一人の力でできないということは、男にとって大変な屈辱なのです。

 いま、全世界で2億人もの女性が女子割礼を受けていると言われています。多いのは、アフリカ、中東、アジアなどの地域です。しかし、一口に女子割礼といっても、以下のようなヴァリエーションがあります。