米アップルは10月13日、モバイルアプリに関する新たなリポートを公表し、「サイドローディング」と呼ばれる正規ストア以外からのインストールは危険だと、あらためて主張した。

「利用者を深刻なセキュリティー上のリスクにさらす」

 「ユーザーを深刻なセキュリティー上のリスクにさらす」(アップル)としている。ロイターによると、欧州連合(EU)が準備を進めるアプリ配信の市場開放に向けた動きを批判する狙いがあるという。一方で、人気ゲーム「フォートナイト」の開発元である米エピックゲームズや音楽配信大手のスウェーデン・スポティファイ・テクノロジーなど数十社・団体でつくるNGO「アプリの公平性のための連合(CAF)」はこうしたアップルの主張を批判している。

 「Building a Trusted Ecosystem for Millions of Apps(数百万のアプリのための信頼できるエコシステムの構築)」と題する今回のリポートでは、「マルウエア」と呼ぶ悪意のあるプログラムの脅威を強調した。

 以下のような内容だ。

 ・「過去4年間におけるAndroid機器のマルウエア感染件数はiPhoneの15〜47倍に上った」
 ・「欧州の規制当局は、1日当たり23万件のマルウエア新規感染を報告している」
 ・「欧州最大のサイバーセキュリティー会社は、顧客のAndroid機器に対する攻撃が1カ月当たり600万件あったと報告した」

 リポートでは、欧州ネットワーク情報セキュリティー庁(ENISA)や米国土安全保障省、ロシアのカスペルスキー、フィンランドのノキアなどが公表したセキュリティーに関する148件の調査・研究結果を引用。自社の「App Store」を介さずにダウンロードすることや、サードパーティーのアプリ配信サービス(非正規アプリストア)を容認すれば、iPhoneのプライバシー・セキュリティー保護が機能しなくなると指摘した。