アマゾン・ドット・コムやマイクロソフト(MS)、グーグル親会社のアルファベットなどの米テック大手が2021年にまとめた買収案件は過去10年間で最も多い水準だった。米CNBCが1月22日に報じた。

アマゾン、MS、グーグルのM&A件数

 米司法当局や米議員がテクノロジー大手の商慣行を厳しく監視する中、新規制が導入されたり、法的措置を取られたりする前に速やかに手続きを完了させたい考えがうかがえるという。

 米調査会社ディールロジックによると、21年におけるアルファベットのM&A(合併・買収)件数は、公表されたものだけでも22件。マイクロソフトは同年に56件のM&Aを発表した。いずれも過去10年間のM&A件数として最多だ。

 アルファベットの21年における総買収額は220億ドル(約2兆5000億円)、マイクロソフトの総買収額は257億ドル(約2兆9200億円)。金額ベースでも過去10年間で最大だった。

 アマゾンの21年におけるM&A件数も過去10年で最多となった。アマゾンの昨年1年間における総買収額は157億ドル(約1兆7900億円)。同社は17年に高級スーパーマーケットチェーン「ホールフーズ・マーケット」を137億ドル(約1兆5600億円)で買収し、同年の総買収額が最も多かったが、21年はそれに次ぐ規模だった。

相次ぐ大型買収の背景

 マイクロソフトは22年1月18日に、米ゲーム大手のアクティビジョン・ブリザードを687億ドル(約7兆8200億円)で買収すると発表した。21年4月には音声認識技術を手掛ける米ニュアンス・コミュニケーションズを197億ドル(約2兆2400億円)で買収すると明らかにしている。

 アマゾンは21年5月に、スパイ映画「007」シリーズなどで知られる米映画製作大手メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)を84億5000万ドル(約9600億円)で買収すると発表した。

 「こうして米テック大手が注目を浴びる中、米当局や米議員らの買収阻止に向けた動きが進む前に、速やかに手続きを完了させたいと考えている」。ミシガン大学ロス経営大学院のエリック・ゴードン教授はこう分析している。