つい半年前まで一強状態にあった安倍政権は、頻発した教育関連スキャンダルや閣僚らの失言により支持率が急落し、都議選でもかつてない敗北を喫するなど、劣勢が続いています。8月3日には支持率回復を期して内閣改造に手を付けたものの、改憲日程について与党内でも異論が出るなど、今後の政権運営についてはなおも厳しい状態が続くと予想されています。

 かねてから安倍政権が「右傾化」していると批判してきた中国は、安倍政権の苦しい現況をどう見ているのか。中国メディアの、内閣改造前後の安倍政権の報じ方を通して、中国側の見方を追ってみることにしました。

櫻井よしこ氏が入閣!?

 まず、内閣改造前の報道はどうだったのでしょうか。

 中国メディアは、日本のメディアの報道を引用する形で、安倍政権が数々のスキャンダルにより支持率が急落し、求心力が落ちている状況を紹介していました。

 特に稲田朋美元防衛相をはじめ「安倍ガールズ」と呼ばれる女性議員らが足を引っ張っていることを強調し、内閣改造に当たっては新たに選出される女性閣僚が誰になるのかが1つの注目点だと報じていました。

 そうした一連の報道の中で一際目を引いたのが、「右翼分子、櫻井よしこ氏が入閣? 安倍ガールズ入りか?」という「新華社」の報道です。