(李 正宣:ソウル在住ジャーナリスト)

 中国・武漢で発生した新型肺炎が全世界に広がっているが、韓国も例外ではない。

 1月20日に初めて確認された韓国内の新型肺炎感染者は、31日現在で11人にのぼる。二次感染による感染者の他、中国以外の国では初めて三次感染者がでるなど事態は深刻化しており、中国と地理的に近い韓国国民の恐怖心も日増しに高まっている。それと同時に、文在寅(ムン・ジェイン)政権が過度に中国のご機嫌を伺っているという批判も増えているのだ。

ネット上には「ノー・ジャパン」を模した「ノー・チャイナ」ポスターが出現

「中国発コロナウイルスが拡散しています。北朝鮮でさえ中国人の入国を禁止しており、春節期間だけでも一時的に(中国人の)入国禁止を要請します」

 1月23日、大統領府の掲示板に掲載されたこの請願には、31日までに60万人を超える韓国国民が賛同した。大統領府側はまだ回答を出していないが、主務省庁である保健福祉部の朴淩厚(パク・ヌンフ)長官は29日、「特定の国家の国籍を基準に(入国を)禁止することは極めて大きな問題を引き起こす恐れがある」「国際法上に難しい」と説明している。

 しかし、すでに韓国社会のあちこちで、自発的(?)な「中国人立ち入り禁止」措置が行われだしている。中国人客を拒否するホテルやレストラン、中国人の乗車を拒否するタクシーなどが増えており、中国人密集地域への配達を拒否する配達労組も登場した。

 ネット上では昨年大流行した「ノー・ジャパン」ポスターを模した「ノー・チャイナ」ポスターが登場した。

 中国の五星紅旗が描かれたNOという文字の下には「ボイコット・チャイナ コロナウイルス」という掛け声とともに、「死にたくありません、受け入れたくありません」と書かれている。ノー・ジャパンのポスターの「行きません、買いません」をパロディーしたものである。

 他にもSNSでは「中国人はウイルスそのもの」「コウモリを食べる未開な人種」など、差別的な表現が溢れている。