(花園 祐:中国在住ジャーナリスト)

 今や世界最大となった中国自動車市場ですが、28年ぶりにマイナス成長を記録した2018年に引き続き、2019年も2年連続で縮小となりました。それに伴い、これまで急成長が続いてきた新エネルギー車(以下、「新エネ車」)市場もマイナス成長に転じました。

 一方、高級車市場は好調を維持し、大手高級車ブランド各社は好調な業績を残しています。こうした消費者のハイエンド志向の傾向は新エネ車市場にも影響するとみられ、上海工場を稼働させたばかりの米国の高級電気自動車メーカー、テスラモーターズの動向にも注目が集まっています。

 そこで今回は、中国の新エネ車と高級車市場について、2019年統計データを交えつつ紹介していきます。

2年連続で市場が縮小

 前回の記事「2年連続マイナス、中国自動車市場に反転の兆しなし」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59157)でも紹介した通り、2019年における中国の自動車販売台数は前年比8.2%減の2577万台でした。

 市場縮小の背景には中国経済の成長鈍化、市場飽和などのほか、近年発達してきた中古車市場による浸食などが挙げられています。すでに2020年も市場縮小が続くと見込まれており、その縮小幅は2%ほどと予想されています。

新エネ車市場の今後は政府の対応次第

 続いて新エネ車の販売台数を見ていくと、2019年は前年比4%減の120.6万台でした。2016〜2018年における成長率は毎年50%超でしたので、深刻な急ブレーキといえるでしょう。