朝鮮半島の地政学

 中国大陸に “盲腸”の様にくっついた朝鮮半島の地政学の第1は、「中国への従属性」である。

 ここで言う「中国」とは、前漢以降の歴代中国王朝国家のことである。

 朝鮮では紀元前3世紀頃、前漢初期に衛氏朝鮮が冊封されて以来、1895年に日清戦争で日本が清を破り、下関条約によって朝鮮を独立国と認めさせるまで、ほぼ一貫して中国の冊封国であった。

 戦後、1949年に中国が建国された後は、北朝鮮はもとより、韓国に対しても徐々に影響力を強めている。

 朝鮮半島の地政学の第2は、「大陸国家と海洋国家の攻防の地」である。

 朝鮮半島はユーラシア大陸東端から約600キロも太平洋に向かって南東方向に伸びている。

 このために、朝鮮半島は、ユーラシア大陸に出現する大陸国家にとっては、太平洋方向に進出する際の足がかりとなる地形であり、一方、太平洋に出現する海洋国家にとっては、ユーラシア大陸東部に進出する際の足がかりとなる地形である。

 今日、ユーラシア大陸の東側を占める中国とロシア(世界に冠たる2つの大陸国家)にとって、朝鮮半島は太平洋に向かって米国(世界を支配する海洋国家)と覇権を争ううえで重要な地形となる。

 また、米国にとっては、近年急速に台頭する習近平氏の中国と覇権争いをするうえで朝鮮半島は重要である。

 朝鮮半島の地政学を韓国に当てはめれば、次のようになろう。