(藤谷 昌敏:日本戦略研究フォーラム政策提言委員、元公安調査庁金沢公安調査事務所長)

 韓国国家情報院は4月6日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の体調不良説について「金正恩氏が心臓関連の施術や手術を受けたことはない」と国会情報委員会に報告した。既に金正恩は、20日間の沈黙を破って5月2日に公の場に姿を現し、重体説・死亡説を覆していた。これで金正恩の重体説・死亡説に一応の決着がついた形となったが、今後も金正恩の体調については、世界各国の重大な関心事となるだろう。

金正恩の体調不良説と韓国政府の判断

 金正恩の体調不良説が最初に発信されたのは2つの報道だ。まず、韓国の北朝鮮専門ニュースサイト「デイリーNK」が4月20日、「金委員長が4月12日に北朝鮮西北部・平安北道の病院で心血管疾患の手術を受けた。平壌から医師が大挙派遣されたが、術後の経過がよいので多くの医師が平壌に戻った」と報じた。次にアメリカのCNNが4月21日、「金委員長が重大な危険に陥っているという情報がある」と報じた。さらに、「中国から医師団が派遣された」との報道が流れ、情報の信ぴょう性が高まったことで各国政府・メディアが大騒ぎとなった。

 金正恩の体調については、以前から何度かメディアで取り上げられてきた。その背景には、「祖父・金日成、父・金正日とともに心臓疾患の遺伝がある」「何度も暗殺未遂事件が起きたことで精神的にかなり疲労困憊していた」「2013年に伯父の張成沢(チャン・ソンテク、当時、国防委員会副委員長)を国家転覆罪で処刑して以来、深酒に溺れて体調を崩していた」などの見方があった。

 一方、こうした金正恩に関する一連の報道に対して、韓国政府は「北朝鮮で特異な兆候は見られない」と一貫して否定してきた。この韓国政府の判断には「国家情報院」が大きく貢献している。