2019年9月、サウジアラビアの石油施設が無人機と巡航ミサイルで攻撃され、激しく燃えた。

 イエメンの反政府勢力「フーシ」が犯行声明を出した。燃え跡から出てきた焼け焦げた大型の無人機は、イラン製に類似している。

 また、これらの兵器の射程、イラン方向からの攻撃であることから、実際には、イエメンの反政府勢力「フーシ」の背後で、イランが実行したと推測されている。

 この事件は、イランや「フーシ」だけで実行できるものではない。また、焼け焦げた無人機は、中国とロシアの企業が製造したものと似ている。

 つまり、背後には、中国かロシアが存在するのは確かだろう。

 焼け焦げた無人機には、大型のもの以外に小型のものも多く、目標に命中し、壊れて焼け焦げ、原型をとどめているものはない。

 これは小型無人機が目標に命中していることを示している。

 したがって、この成果の裏には、中露の測地衛星(軍事用)の誘導(一般的にGPS誘導)がなくては実行できないという見方が有力だ。

 北朝鮮の無人機を分析していた時に、サウジの石油施設を自爆攻撃し、焼け焦げた無人機の写真を見て、この2つがよく似ているので驚いた。

 中国企業のものはSky型、ロシアはZALA型がある。形状を見ると、どちらかというと中国製のものがより似ている。