9月12日、米カリフォルニア州サンディエゴの動物園で、絶滅が危惧される「モウコノウマ(蒙古野馬=Przewalski's Wild Horse)」の赤ちゃんが、40年間保存されていたDNAからのクローニングで8月6日、代理母によて産み落とされたとの報道がありました。

(https://www.wsmv.com/news/us_world_news/a-clone-of-the-endangered-przewalskis-horse-is-born-of-dna-saved-for-40-years/article_3014f31b-73a3-5ec5-8233-4640cc20b4af.html)

 心温まる報道のように思われますが、実はこの「クローニング」と「新型コロナウイルス感染症」対策の間には、実は極めて密接な関係があるのです。

一度絶滅した「蒙古野馬」

「蒙古野馬」はサラブレッドのように華奢ではありません。

 ずんぐりむっくりとした体形です。しかし、シマウマと同じようにたてがみがピンと立った「野馬」のシルエットは独特で、他のウマたちとは一線を画しています。

 この「ノウマ」、ロシアの「探検家」ニコライ・プルツェワルスキー(1839−88)が1879年に初めて確認したことから、彼の名が学名に付されています。

 20世紀に入って、どのような理由によるのか定かでありませんが数が減少し、1966年に目撃されたのを最後に自然界では姿を消してしまいました。

 しかし「発見」されて以降、世界の動物園でも飼育されるようになり、人工的な環境では各国で約1000頭ほどが飼育されており、そこで増やして野生に戻す取り組みも行われているそうです。

 今回の赤ちゃんの「親」は1975年に英国で生まれ、1980年に米サンディゴの「冷凍動物園」にDNAが保存されたもので、親馬自身は1998年まで生存していたそうです。

 しかし、死して早22年、まさか自分の子供ならぬコピー、つまりクローンが、21世紀の第3ディケードに誕生するとは、ゆめゆめ想像だにしなかったことでしょう。