「安倍(前)総理は、せっかく自由の身になられたわけですから、これからは国際的な視野に立って活躍していただきたい」

 10月25日、安倍晋三前首相の側近として知られる下村博文自民党政調会長は、『日曜報道 THE PRIME』(フジテレビ系列)に生出演し、安倍前首相の最近の映像を目にしながら、エールを送った。

「国際的視野に立った活躍」とは「台湾訪問」のことか

 安倍氏は9月16日、7年9カ月近く務めた首相の座を菅義偉官房長官に引き継ぐと、そのわずか3日後に、靖国神社を参拝した。

 首相時代の2013年12月26日に一度、参拝しているが、その際には中国の習近平政権ばかりか、同盟国であるアメリカのバラク・オバマ政権からも「失望した」と叩かれ、以後は参拝を自粛していた。そこで、「もう首相ではないのだからよいだろう」と言わんばかりに、心に秘めていた参拝を決行したのである。

 靖国神社では、10月17日と18日、秋の例大祭が行われた。すると例大祭が終わった翌19日朝、再び安倍前首相が参拝に訪れた。この時は記者団に囲まれ、「ご英霊に尊崇の念を表するために参拝いたしました」と述べている。

 加藤勝信官房長官も同日の記者会見で、「私人である安倍前総理大臣の個人の参拝だと承知している。個人の信教の自由に関する問題で、政府として立ち入るべきものではないと思っている」と発言。「私人である個人の参拝」にしては、菅政権との「暗黙の連携」を匂わせるような物言いが気になった。