2020年2月に、中国海軍駆逐艦などの4隻が、太平洋の日付変更線を超え、41日間、1万4000海里を航海した。

 解放軍報は、今回の行動を「米国覇権への挑戦であり、今後回数を増やしていく」と伝えた。

 同グループがグアム西方約380海里の海域で、偵察飛行中の米海軍「P-8」哨戒機にレーザー照射を行ったことに、米国防省は、危険行為であると中国側に抗議した。

 平時において、米中間の軍事的な鍔迫り合いが、南シナ海を超え、西太平洋にまで広がっていることを示す事件であった。

米・豪・英・仏との衝突の兆し

 中国は、南太平洋に広域にわたって点在している多数の島嶼(トウショ)国家と外交関係を結び、台湾とそれらの国家との国交を終わらせた。

 そして、多くの中国人を移住させ、経済的支援という“罠”を仕掛け、返済できないほどの大きな債務を負わせた。その見返りに軍港として使用できる港を建設しようとしている。

 ほとんどが10万〜20万人規模の国家である。

 その中に、多くの中国人が移住して来れば、国ごと乗っ取られるという脅威となる。さらに、これらの動きに中国軍海軍艦艇が連携して、活動を活発化させている。

 つまり、中国の民間レベルの工作を、軍が背後から支えて、暗黙の睨みを利かせているのだ。

 中国は、これらの島嶼国家に進出し、領域を逐次拡大して、軍事的拠点として利用することを企図しているようだ。

 その理由には、米軍と対峙する中国のA2/AD(接近距離・領域阻止)戦略に含まれる第2列島線内における領域拒否を実行するために、南太平洋島嶼国家に、中国の軍事拠点を構築する必要があるのだ。