(北村 淳:軍事社会学者)

 アメリカ大統領選挙でトランプ大統領が敗北しバイデン政権が発足する見込みが強まったため、アメリカ海軍は再び大幅に戦略を練り直さなければならない事態に直面してしまった。

 トランプ陣営は2016年の大統領選挙期間中より「偉大なアメリカの再興」の具体的方策の1つとして「大海軍の復活」を打ち出していた。実際にトランプ政権が発足すると、355隻艦隊を構築して海軍力の増強著しい中国海軍に対抗する方針を推進した。

 その後、「355隻艦隊では中国海軍に対抗するのは困難」という海軍関係者たちの突き上げもあり、数カ月前にはエスパー国防長官が、355隻ではなく500隻艦隊(ただし無人艦艇をも参入する)を可及的速やかに生み出そう、というアイデアを公言し始めた。

 ところが、先週実施され開票が始まった大統領選挙では、どうやらバイデン前副大統領が選挙人の過半数270名以上を獲得した模様である。来年(2021年)1月20日からは民主党バイデン政権がスタートすることになりそうだ。

「模様」「なりそうだ」というのは、本稿執筆中(米国時間11月9日)になっても、いまだに米全州での選挙公式勝敗が出揃っているわけではないし、主要メディア間でも大統領選挙人獲得票がバイデン290票対トランプ214票(AP、 FOXニュース、 フィナンシャル・タイムズ)であったり、バイデン279票対トランプ214票(ABC、 CNN、 NBC、 ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト)と一致しているわけではないからだ。