バイデン大統領は含むところがあるのか?

 自己顕示欲の強い(?)韓国メディアは大騒ぎだ。

 米大統領が就任後、同盟国や友好国の首脳に電話するのは半ば外交儀礼になっている。

 ジョー・バイデン氏もご多分に漏れず菅義偉首相には1月28日未明に電話してきた。

 直近の歴代大統領は、日本の首相に電話会談した翌日か、遅くとも2、3日後には韓国大統領に電話している。

 ところがバイデン氏は3日経っても4日経ってもしてこない。

「何か、あるのか」

「バイデン氏は、文在寅大統領に何か含むところがあるのか」

 韓国メディアは連日のように書き立てている。

(http://english.hani.co.kr/arti/english_edition/e_international/981053.html)

 青瓦台の大統領側近たちも落ち着かぬ。記者たちには「米大統領との電話は、いつという時期ではなくて、その中身だ」と強がって見せているが、内心戦々恐々。

 胸に手を当てて考えれば、文在寅氏には思い当たるフシがあるはずだ。

 新年演説では「バイデン政権の発足に合わせて、米韓同盟を強化する」と述べたまではいいが、その後、「米朝対話、南北朝鮮対話の再開に最後の努力を尽くす」と宣言した。

 米朝首脳会談の再開に仲介の労を取ろうというのだが、米朝ともに再開には慎重だ。しかも双方ともに文在寅氏など信用していない。