(北村 淳:軍事社会学者)

 トランプ前政権が台湾への軍事的支援を著しく強化し始めて以来、中国軍機による台湾上空接近や台湾周辺上空周回などの台湾に対する露骨な恫喝が繰り返されている。バイデン政権が発足して間もなくの1月23日から24日にかけて、これまでになく多数の中国軍機による台湾防空識別圏への侵入が相次いだ。

中国軍機の異常な侵入

 1月23日には、H-6Kミサイル爆撃機8機、J-16戦闘機4機、それにY-8対潜哨戒機1機の合計13機の中国軍機が、台湾南部の台湾本島と東沙諸島の間の台湾防空識別圏(以下「台湾南西部防空識別圏」)を飛行した。

 翌24日にはSu-30戦闘機2機、J-16戦闘機4機、J-10戦闘機6機、Y-8対潜哨戒機2機、それにY-8偵察機1機が連続的に台湾南西部防空識別圏に侵入した。

 中国軍機による台湾上空への接近飛行は昨年(2020年)から飛躍的に増加しており、台湾南西部防空識別圏への侵入も頻発している。しかしながら、このエリアでの接近侵入を繰り返す中国軍機は、Y-8ISR偵察機あるいはY-8対潜哨戒機が、単機もしくは2機編成というのが通常である。

 ところが、1月23日と24日の2日間で28機もの様々な軍用機(それも8機の爆撃機を含む)がこのエリアに侵入した。その数の多さについて台湾国防当局者は「尋常ではない」と語っている。バイデン新政権も中国当局に対して、台湾への軍事的威嚇は差し控えるべきであると遺憾の意を表明した。