(金 愛:フリージャーナリスト)

 旧日本軍の元慰安婦、李容洙(イ・ヨンス)氏は、日帝時代の従軍慰安婦を「自発的売春婦」だと定義付けたジョン・マーク・ラムザイヤー・米ハーバード大学ロースクール教授の退陣を求める記者会見を2月17日に行った(参考記事「性奴隷説を否定した米論文にぐうの音も出ない韓国」「慰安婦は性奴隷ではないと理詰めで語る米論文の中身」)。この場では、慰安婦として強制連行されたという事実を証明するため国際司法裁判所(ICJ)に訴える、慰安婦被害者に代わって文在寅大統領が日本の謝罪を受けるべきだと涙ながらに語っている。

 李容洙氏については、2020年5月に尹美香(ユン・ミヒャン)前正義記憶連帯(正義連)前理事長が、李容洙氏は慰安婦被害者ではなかったことを匂わす発言を出した。「真正性」と「信頼性」に対する疑惑を解消することなく、一方的に「被害者性」を訴えている李容洙氏には、自称“慰安婦被害者”という批判も上がっている。

 それを物語るように、会見の質疑応答では「世間では偽物慰安婦との論調もあるが」という質問がMBC担当記者から出た。それに対しては、「そんな認識の質問は今さら受けたくない」と回答。「当時は何も分からずに連れて行かれた。この30年の私を見てください」と続けた。この一連の報道を見て、「やはり」と疑心暗鬼になった韓国人は少なくない。

 ハーバード大学アジア太平洋法学部学生会(APALSA)は日本現地時間の17日午前、「歴史歪曲を正すためのオンライン討論会」を開催し、李容洙氏を講演者として招待した。彼女のほか、マイク・ホンダ元米下院議員、米市民団体「慰安婦正義連帯(CWJC)」の共同議長であるリリアン・シン氏が演説者として出席し、日韓間の葛藤を生み出してきた慰安婦問題について意見を述べた。

 李容洙氏は日本の歴史歪曲を糾弾し、慰安婦問題は強制連行だったと強く主張した。彼女は「これまで正義のためにできるすべてのことをした」「最後の願いは国際司法裁判に行って(慰安婦問題の責任を)明確にすることだ」だと語気を強めた。

 さらに、彼女は慰安婦問題に関するすべての責任を日本政府に転嫁して「(日帝植民地時代の)無法的振る舞いは今もそのままだ」と発言、これまで日本が慰安婦問題の解決のために行なってきた努力をすべて無視した。文在寅政権が一方的に破棄した「2015日韓慰安婦合意」も否定している。