日本を踏み台に上院議員、前駐日大使

 ジョー・バイデン政権が発足してから早くも6週間目に入った。にもかかわらず、空席が1年7か月も続いている駐日米大使は決まっていない。

 大使だったウイリアム・ハガティ氏は秋の中間選挙で上院選(テネシー州選出)に立候補し、見事当選した。

 嫌味になって恐縮だが、「箔をつけるために駐日大使ポストを踏み台にした」選挙戦略は大いに役立ったに違いない。その前には名もなきビジネスマンだったのだから。

 大使辞任を発表後、米通商代表部(USTR)代表説や国務長官説まで出た。すべてフェイクニュースだった。

 これもまた上院選立候補を見越して周辺が流した「箔つけ」だったのだろう。

 空席なのは、駐日大使だけではない。中国、英国、フランスの駐在大使も決まっていない。

 外交に関してはド素人のハガティ大使もそうだったが、外交音痴の大物大使が立派に職務を遂行できるのはDMC(Deputy Chief of Mission=特命全権公使)のおかげだ。

 主要国駐在大使館でDMCを務めるのは、経験豊かなベテラン職業外交官たちだ。

 卑近な例でいえば、ハガティ大使がいようがいまいが、駐日米大使館で対日外交を「現場の指揮官」として処理してきた(そして今現在も)のは、ジョセフ・ヤング公使(現在臨時代理大使)だ。日本語を見事に操る能吏だ。

 かつて11年間の長きにわたって駐日大使を務めたマイク・マンスフィールド駐日大使の場合には、トーマス・シャーマン、ウイリアム・シャーマン、ウイリアム・クラーク、L・D・アンダーソンと4人の優秀な外交官がDMCを務めていた。

 また日本でも人気抜群だったキャロライン・ケネディ駐日大使を裏方で支えたのは、ジェイソン・ヘイドン公使だった。