韓国の元慰安婦支援団体「正義記憶連帯」(旧挺対協)が北朝鮮の指令を受けたスパイ集団だという疑義を初めて指摘したのは、「新しい歴史教科書をつくる会」副会長の藤岡信勝氏である。2005年4月10日、歴史教科書の文部科学省検定合格後に行われたシンポジウムで、藤岡氏は次のように発言した。「韓国は「反日」ではない。大本は北朝鮮にある。例えば、日本大使館前で毎週行っている慰安婦のデモは北朝鮮の工作員がしている」(参考記事)。

 この発言は2日後、韓国のマスコミに大々的に報道された。挺対協はすぐに、「藤岡信勝はとんでもない妄言により、正しい歴史清算と正義、平和の実現に向けて活動している日本軍慰安婦生存者たちの名誉を毀損した。これには茫然とした」と、反論の声明を出した。

 同日、韓国の国会で開かれた外交、統一、安全保障分野の対政府質疑で、これに対する政府の立場を質問された盧武鉉政権時代の李海瓚(イ・ヘチャン)首相は次のように述べた。「西洋では、犬が吠えたら吠えさせておけ、という」。

 この発言は、藤岡氏の発言を「犬が吠えている」から無視しようというものである。いつか書くつもりだが、李海瓚氏は韓国で結成された共産主義政党、南朝鮮労働党(南労党)で総責任者級の地位を持つ大物スパイだと私は疑っている。もしそうであれば、当時の李海瓚氏の発言は、韓国内の主体思想派の総責任者として当然の立場表明だったといえる。

 私は2002年から2003年にかけて、頻繁に日本を訪れた。藤岡氏とも何度かお会いする機会に恵まれ、彼の話に興味を持つようになった。しかし、実を言うと藤岡氏の「妄言」を聞いたときはさすがに、「慰安婦が偽者というだけでなくて、北朝鮮の工作員だって?それはありえない」と思った。だから李海瓚氏の「犬が吠えている」という反撃を聞いて、それなりに痛快な気分になった。私ですらそうだったのだから、当時の韓国には挺対協と慰安婦問題を北朝鮮と関連づける人など、ほぼ皆無だったと言える。いまにして思えば、藤岡氏の慧眼に感嘆せざるをえない。