日本以上に少子高齢化が加速度的に進む韓国。かつて女性は20代前半、男性も30歳までに結婚し、子供を3人以上持つといったライフプランが一般的だった。しかし、現在ではそれも大きく様変わりし、最近の調査では、30代の未婚者の50%以上が親と同居しているという結果も出ている。若者たちが夢を描くなった原因はどこにあるのだろうか。

 先月30日の聯合ニュースの報道で驚くべき調査結果が伝えられた。韓国統計庁が20〜40代の未婚者を対象にしたところ30代の未婚者で親と同居している人の割合は54.8%にのぼるという結果が出た。40代でも44.1%という結果である。

 これと併せて親と同居する20〜40代の未婚者の42%が非就業であると判明し、経済的に自立が困難な若年、中年が多いことを示しているが、こうした成人は「カンガルー族」と呼ばれている。

 かつては、子どもは成人したら親から独立する代わりに、子どもたちが協力して親の老後まで面倒を見るのが一般的とされてきた。親が年を取っても働き続け、成人した子どもの面倒を見ざるを得ない時代が来ることを誰が想像したであろうか。

 また、結婚の平均年齢についても2019年で男性は33.3歳、女性が30.5歳で、若干ではあるが日本よりも遅い傾向となっている。ちなみに、2001年は男性29.6歳、女性26.8歳であり、約20年の間に3〜4年結婚適齢期が遅くなったということである。

 2000年代初めまでは20代前半で結婚・出産をするケースもまだ珍しくなかったものの、現在は逆に20代で結婚・出産をするケースは稀になったと言える。2020年からの新型コロナの影響もあり、今年、来年以降の結婚や出産件数もさらに減少するという悲観的な見方も出ている。