著名な黒人ジャーナリストが一刀両断

 孤城落日のトランプ氏に6月3日、著名なテレビジャーナリスト、ドン・レモン氏(55)が「最終通告」を突き付けた。

「下院で2度も弾劾されたトランプ前大統領は今や、妄想の中で生きている、ちっぽけで、不幸な男でしかない。全米のジャーナリスト諸兄姉よ、こんな人物のことを報道するのはもうやめようではないか」

 レモン氏はCNNの看板キャスターで「米国で最も影響力を持つ黒人」(エボニー誌)と評されている。テレビ・ラジオ・ネット・ジャーナリズム界の最高賞、エド・モロー賞を受賞している。

(https://www.rawstory.com/donald-trump-2653216818/)

(高濱 賛)