2020年7月、韓国東北部の江原道平昌(カンウォンド・ピョンチャン)にある民間の「韓国自生植物園」の園長、金昌烈(キム・チャンヨル)氏が、慰安婦像の前で跪いて謝罪する安倍晋三首相(当時)の像を公開して世間を騒がせた。

 像の製作者はワン・グァンヒョン氏で、韓国内で賞をいくつか受賞している彫刻家である。

 1970年、西ドイツのブラント首相が第2次大戦の加害責任を巡り隣国ポーランドのユダヤ人慰霊碑の前で跪いて謝罪した出来事からインスピレーションを得て、「永遠の贖罪」像を制作したという。

 偶然だとは思うが、「永遠の贖罪」が設置された昨年はブラント首相の歴史的謝罪からちょうど50年という節目の年であった。

「謝罪する人物が安倍だったらいいと思う気持ちはあるが、誰と特定してつくったものではない。日本の首相であれ、政治家であれ、責任のある人物が謝罪する姿を必ず見たい」

 私費を投じてこの像を制作させた園長は、像の公開当時、このように述べた。

 園長は安倍元首相を意味して制作した像ではないと主張しているが、ブラント首相の写真とこの像を重ね合わせて見ると、ますます安倍元首相に見えることは言うまでもない。

 金園長は1970年代の学生運動に参加。それが原因で3年間獄中生活を送った人物だ。釈放後はいくつか会社を興したが、“犯罪者”というレッテルがつきまとい、どれもうまくいかなかった。

 そんな金園長は1983年に農場経営を始め、1989年には韓国自生植物園の造成を開始。10年後の1999年から植物園の一般公開を始めた。韓国山林庁から私立植物園第1号に指定された韓国最大の自生植物園である。

「永遠の贖罪」は2016年にこの植物園に設置された。2020年に日韓でこの植物園が問題となったのは、像の除幕式を実施し、正式に公開を予定していたためである。

 ちなみに、「永遠の贖罪」と命名したのは、事実の歪曲も指摘されている韓国の小説『太白山脈』を書いた作家の趙廷来(ジョ・ジョンレ)氏だ。2008年に、退任後の廬武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領夫妻がこの植物園を訪れた際には、金園長自らが園内を案内している。キム園長は反日で知られる文化人や左派政治家との親交がある。