こうした教育・学習支援サービス企業はおよそ70万社あり、その雇用は1000万人以上というが、この分野の産業がおそらく壊滅状態になる。「好未来」など成人教育領域(留学や企業向け語学研修サービス)などの分野を開拓することで生き残り策を模索しているところもあるが、ほとんどが淘汰されていくことになる。広大な産業市場の利権は中国当局、地方政府当局が独占し、正常な市場競争のない状況で産業は衰退し、高学歴失業者が一気に増えることになろう。

 このほか、宿題にかかる時間(小学校は60分以内、中学校は90分以内で終わる分量にする)といった細かなことまで指導が入っている。

 この政策が本当に青少年や保護者にとって良いものであるか、というと私は怪しいと思う。確かに校外教育市場の過熱によって、子供たちは多すぎる授業に苦しみ、保護者たちは高すぎる教育費に苦しんでいる。だが、オンライン授業によって、北京の重点進学校レベルの授業が(お金があれば)農村にいても受けられるようになった。市場競争によって、学習システム、教育サービスが洗練され、進化していった面もある。なにも一律、非営利化を決める必要はあるまい。

教育を完全に掌握したい中国共産党

 実のところ、「子供たちや保護者のプレッシャー緩和、教育の本質回帰」という建前の裏にある本音は、1000億ドル規模と言われる教育・学習支援サービス産業から民間資本、外資を締め出し、中国共産党が教育の主導権をしっかりと握りたいということではないだろうか。

 中国の教育・学習支援サービス産業には、米タイガー・グローバルや日本のソフトバンク、シンガポールのテマセク・ホールディングスなどの関連投資会社が多額の投資をしてきたが、中国当局はこれが気に入らないのではないだろうか。

 なぜなら、中国共産党にとって学校は重要なイデオロギー統制のシステム、プロパガンダの場であり、洗脳機関でもあるからだ。中国共産党は、20世紀前半の東南アジアへの「革命の輸出」工作や戦後の対外統一戦線工作でも、「新華小学校」や「孔子学院」などでプロパガンダや思想工作を「教育」の名において行ってきた実績がある。教育に外資や民間企業が関わるのを警戒するのは当然だろう。

 中国版「ゆとり教育」政策が今後、子供たちの学力や教育レベルに影響を与えるのかは、その教育を受けた子供たちが成人したときになって初めてわかることである。日本の「ゆとり教育」政策は失敗だったという声が大きい。だが、こうした子供たちの学力・教育レベルの問題の前に、成長性のある1つの産業界を、ある日突然、1本の「意見」通達で完膚なきまでに叩き潰す中国共産党の暴力性には、いまだ中国市場に恋々とし続けている世界の投資家たちも改めて肝を冷やしたことだろう。

 習近平政権のやり方は、経済発展や経済秩序を無視してでも大衆を管理監督し、洗脳・支配し、自分に権力を集中させその独裁体制を長く維持することに集約されている。このような国で、ビジネスチャンスを見出し、競争に勝ち抜き利益を確定することがいかに難しいか、市場主義経済で生きている人たちは、今一度考えてほしいところだ。自由のないところに学問も経済も持続的発展の可能性などないということに気付いてほしい。

(福島 香織)