(武藤 正敏:元在韓国特命全権大使)

 来年3月に行われる韓国大統領選の対決構図が変わりつつある。

 今年7月に前検事総長の尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏が最大野党「国民の力」に入党して以降は、尹前検事総長と、与党「共に民主党」の最有力候補で「韓国のトランプ」の異名を持つ李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事との対決になる可能性が高いと見られてきた。

 世論調査でたびたびトップになる人気を誇ってきた尹錫悦前検事総長は、文在寅政権と対峙することで国民的人気を博してきた。国民の力に入党し、同党の有力な大統領候補となってからはさらに勢いを増していた。これまで政治経験のない尹氏が急速に存在感を増大させることができた大きな理由は、朴槿恵前大統領の弾劾以降、野党勢力が総崩れとなり、野党の政治家の中で、有力な大統領候補が見当たらなかったこともある。

 その中で台頭してきた尹前総長を、文在寅政権は敵視し、その追い落としを図ってきた。

最有力・尹錫悦氏の人気にも翳り

 尹錫悦氏にも泣き所があった。妻や義母の不正疑惑が提起されていたことだ。それに加えて今回、尹錫悦氏自身も職権乱用などで告発されてしまった。高位公職者犯罪捜査処(公捜処)は9月9日、尹前総長らを「告発するようそそのかした」被疑者として立件し、翌10日に関係先に強制捜査に入った。ただ、大統領選の野党の有力候補に対し、このタイミングで事件を立件することについて、「政治的動き」と見る向きもある。つまりは謀略だとの見方だ。それでも、尹前総長のイメージダウンは避けられまい。

 加えて、政治経験がないことが裏目に出たと言うべきか、尹錫悦氏は政治的に不用意な発言をすることがあり、反発を受けることもあった。

 このような状況下で、尹前総長の人気に少々翳りも見え始めた。世論調査では与党「共に民主党」の有力候補、李在明京畿道知事とデッドヒートを繰り広げていたが、ここにきて、文在寅政権と共に民主党による「追い落とし作戦」が功を奏してきた、との見方も成り立つ。