米国は、中ロ両国軍が2021年8月に中国西北部の寧夏回族自治区で実施した大規模な合同演習も注視してきた。この演習には中ロ両国軍合計1万3000人と合計数百に及ぶ航空機、無人機、ヘリコプター、装甲車、戦車などが参加した。その上、この演習は中国とロシアの軍隊が初めて高レベルの司令機能を統合した事例として米国は特別に注目している。中国の魏鳳和国防相はこの演習について「両国軍の提携の水準を新たに高めた」と論評した。

 米大手紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」(2022年1月2日)の報道によると、米国の国家情報会議は「中国とロシアの軍事面での連携は今や過去60年間を通じて最も緊密な状態となった」という警告を発しているという。

中国もロシアも米国との関係が悪化

 この軍事連携の背景には、ロシアと中国がここ数年、経済の絆や軍事関連の技術支援、さらには米国に対する外交姿勢などでも共同歩調を強めてきたという実態がある。その点が米国側をさらに警戒させるわけだ。

 米国とロシアの関係が硬化したのは、2014年のロシア軍によるクリミア侵攻が契機となった。当時のオバマ政権がロシアへの広範な経済制裁を発動し、政治、外交面でも非難を強めた。ロシアはそれに対抗して米国への姿勢を厳しくすると同時に、中国への接近をみせ始めた。

 この頃ちょうど中国も南シナ海の南沙諸島(スプラトリー諸島)で人工島を造成するなど拡張主義を露わにし始めていた。米国が対中警戒へと傾き、米中関係が悪化の兆しをみせ始めた時期だった。

 その後、米国では2017年1月にトランプ政権が誕生し、国家安全保障戦略でも中国とロシアの両方を“米国の国益や価値観を侵す存在”として警戒視するにいたった。中国とロシアはこれに対抗するように、2018年には合同軍事演習の定期的な実施を決めた覚書に署名している。