日本にとっても重大懸念に

 2022年時点での中国とロシアの結びつきについて、両国の軍事協力の実態に詳しい米国の大手安全保障研究機関のCNA(海軍分析センター)上級研究員、マイケル・コフマン氏は、「中国とロシアがともに米国との関係の悪化により、協力の絆を深めるという構図は2018年以来、さらに明確となった」と述べる。

 ただし、中国とロシアが軍事同盟を結ぶという展望はまだ浮かんでこないという。バイデン政権の当事者たちの認識も含めて、今のところ中ロの軍事協力にはまだ限界がある理由として、コフマン氏は以下の諸点を挙げた。

・中国はロシアが完全に敵とみるウクライナ政府とのつながりをなお保っている。

・中国はロシアが明確に距離をおく北大西洋条約機構(NATO)の一部の諸国と、一帯一路などを通じて良好な関係を保っている。

・ロシアは中国が敵視するベトナムと良好な関係にある。韓国も、中国よりはロシアにずっと近い。

・ロシアは中国が衝突するインドになお兵器の輸出を続けている。

・ロシアと中国は現在も基本的に地政学的な対立要因を抱えている。

 コフマン氏は、以上のような要因から、中国とロシアの軍事協力は米国への便宜上の共同対抗行動であり、現在のところ両国の軍事同盟という可能性は視野にはないとしているものの、中ロ両国の共同軍事行動は今後強まる見通しも高いと強調した。

 日本にとって、中国とロシアのこの種の軍事協力の強化が国家安全保障上の重大懸念となることは当然だといえよう。

(古森 義久)