中国共産党の、中国共産党による、中国共産党のための北京五輪

 2月4日の北京冬季五輪開幕まで3週間を切る中、北京で新型コロナウイルスの変種株「オミクロン株」の市中感染者が確認され、感染拡大への警戒が高まっている。

 1月14日に、入国者を除き106人のコロナ感染者を確認。このうち北京に隣接する天津市や河南省安陽市で、オミクロン株の市中感染が拡大している。

 北京冬季五輪組織委員会は17日、「競技観戦は限られた者だけに限られる」と発表した。

 在北京米特派員の一人G氏は、筆者にはこんな皮肉っぽいメールを送ってきた。

「五輪を観戦できるのは、習近平国家主席をはじめとする共産幹部、それに招待に応じたロシアのウラジーミル・プーチン大統領ら外国賓客*1だけということだ」

「まさに中国共産党の、中国共産党による、中国共産党のための北京オリンピック(Beijing Olympics of Chinese Communist Party=CCP, by CCP, and for CCP)だ」

*1=北京五輪の開・閉会式に参加する外国賓客はプーチン氏のほか、ポーランド大統領、パキスタン、モンゴル、ギリシャ各首相。閣僚はモルディブの外相のみ。

(https://en.wikipedia.org/wiki/2022_Winter_Olympics_opening_ceremony#Host_nation_dignitaries)

 米国はじめ冬季五輪で金メダルを独占しそうな欧米勢は、新疆ウイグル自治区での中国政府によるジェノサイドに抗議する外交ボイコット。

 さらには感染力の強いオミクロン株が容赦なく中国に襲いかかっている。

 1年前、五輪会場を視察した習近平氏は誇らしげにこう述べていた。