対艦ミサイル1発が中国の台湾侵攻阻止

 4月13日、ロシア海軍ミサイル巡洋艦「モスクワ」がウクライナの対艦ミサイル「ネプチューン」に攻撃され、沈没した。

 ウクライナはミサイル攻撃を認め、米国国防省も対艦ミサイルが命中したことを確認したという。

 だが、ロシア軍は、モスクワにミサイル攻撃されたことを認めず、火災が発生したからだと言った。

 過去、旧ソ連海軍時代から今まで、大型戦闘艦艇(潜水艦を除く)が、火災を起こして沈没したことを聞いたことがない。

 しかし、ロシア軍も内心は認めている。なぜなら、そのことに怒り、報復のために、キーウをミサイル攻撃したからだ。

 一方で、中国は、露ウ(ウクライナ)戦争を、これまでは高みの見物だった。

 だが、ロシア巡洋艦がミサイル1〜2発に攻撃されて、それを破壊できずに命中弾を受け、沈没したのを見た。中国は、大変肝を冷やしたことだろう。

 その理由について説明する。

1.モスクワ沈没に肝冷やした中国海軍

 中国はロシア海軍艦艇を模倣し、いくらかの改良を加えて自国の軍艦を建造してきた。自分たちが建造してきた軍艦に大きな欠陥が見え始めた。

 そうなると、台湾侵攻の際に使用する大型揚陸艦、これらを守る駆逐艦が、たった1発の台湾の対艦ミサイルに撃沈されることが予想される。

 中国軍による台湾上陸侵攻は、予期せぬ形で危ぶまれることになった。