5月9日の18時をもって大統領の座から退くことになる韓国の文在寅大統領が、このところ連日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領に向かって非難と毒舌を浴びせている。自分の退任と地方選挙を目前に控えて支持層を引き締めようとする意図が透けて見えるが、韓国国民の反応は極めて冷ややかだ。

すでに決まった「大統領執務室移転」にしつこく反対

 文在寅大統領による「尹錫悦次期大統領」批判の最大攻撃ポイントは、「大統領執務室の移転」問題だ。尹錫悦氏が大統領に当選し、青瓦台(大統領府)開放と執務室移転を公表すると、文在寅政権と共に民主党は「安保空白」を理由に執務室移転に強く反対してきた。

 しかし、尹次期大統領は自分の意思を曲げず、結局、大統領就任式が行われる5月10日から青瓦台は全面開放され、尹新大統領は国防部のある龍山(ヨンサン)で執務を始めることが決まった。

 このようにすでにケリがついた事案であるにも関わらず、文大統領は今も非難を続けている。

「個人的に気に入らない。執務室を移すのは国家の百年大計だが、どこが適切なのかなどをめぐって世論の収斂もしなかった。安保危機が最も高まる政権交代期に、このような推進について、私は本当に危険だと思っている」(4月26日、JTBC放送とのインタビュー)

「(大統領府に寄せられた「大統領執務室移転反対請願」に対して)個人的に請願内容に共感する。もともと公約していた光化門移転が難しくなったにもかかわらず、巨大な費用をかけて光化門ではなく他の場所に移転しなければならないのか、そもそも疑問だ」(4月29日国民請願に答える)

 そしてもっとも目を引いたのは、5月5日、韓国の「子供の日」の行事で青瓦台に招請された子供たちの前で、「皆さんが青瓦台で遊べる最後の子供たちになった」と言い放ったことだった。5月10日から一般市民に青瓦台が全面開放されるというのに、事実に反するようなことまで口にして、執務室移転への強い反感を改めて示したわけだ。