(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)

 米国の前大統領ドナルド・トランプ氏への共和党陣営での支持が今なお圧倒的な強固さを保っている。

 今年(2022年)11月の中間選挙での共和党側候補を決める一連の予備選でもトランプ氏の推薦が決め手となり、「キングメーカー」とも評される。さらに、もしも2024年の大統領選でトランプ氏が立てば必ず勝利するだろうという一般米国民の意見を示す世論調査結果も最近、発表された。

 民主党寄りの学者や専門家の間では、なぜトランプ氏が人気を保っているのか、その人気の基盤にはどんな要因があるのかを探る調査や研究が盛んになってきた。

トランプ氏推薦の候補が続々と勝利

 トランプ氏の現在の人気と影響力の強さを示したのは、5月3日に実施された中西部オハイオ州での上院選挙への共和党候補を選ぶ予備選挙だった。

 7人の候補のうちトランプ氏が推薦した作家出身のJ・D・バンス氏が圧勝した。トランプ氏はこの予備選挙の過程で4月15日まで特定候補の推薦を出さなかったが、バンス氏はその推薦が公表されると、それまでの世論調査での支持率が急上昇して、トランプ効果を印象づけた。