米電気自動車(EV)大手テスラの中国・上海工場が生産停止を余儀なくされたと、ロイター通信や米CNBCが5月10日に報じた。

テスラの中国EV販売、前月比98%減

 5月9日に生産を中断した。部品調達が困難になったためだという。ロイターが入手した社内メモには、「工場は(翌日の)5月10日に再開するが、同日の生産台数は200台を下回る」と記されていたという。

 新型コロナの感染が拡大した上海では、約2500万人が2022年3月下旬から厳しい外出制限下に置かれている。テスラの上海工場は22日間操業を停止し、22年4月19日に再開した。それ以降1日当たり1200台を生産していたという。

 操業を再開してから22年4月末までの生産台数は合計1万757台。中国乗用車市場信息聯席会(CPCA)によると、テスラは4月中に中国で1512台のEVを販売した。

 だがこの販売台数は前月の6万5814台と比較すると98%減となる。20年4月以降最も低い水準だ。これに先立ち、テスラは22年5月16日から1日当たり2600台の生産を目指すとしていた。

 CNBCは今回の生産停止の要因について、米自動車部品大手アプティブ(旧デルファイ・オートモーティブ)の上海市嘉定区の工場で新型コロナの感染が確認されたためだと報じている。これにより市当局は施設を一時閉鎖した。アプティブはテスラの小型SUV(多目的スポーツ車)「モデルY」用ワイヤハーネスを製造しているという。