期限切れミッキーの商標登録延長認めず

 スヌーピー(66歳)とともに「米国文化のシンボル的キャラクター」として世界を席巻してきたミッキーマウスも当年とって93歳。

 1928年11月、ニューヨークのコロニー劇場で上映されたデビュー作『蒸気船ウィリー』(Steamboat Willie)の公開日が“誕生日”だ。

(正確にはこれは3作目だが前2作はサイレント映画で世間的には全く相手にされなかった)

 ウォルト・ディズニーが描いた陽気で好奇心の強い白ハツカネズミは、その後、アニメにとどまらず、年間696億7000万ドル(約8兆7000億円、2019年の売上高)を稼ぎ出す巨大なマスメディア・エンターテインメント帝国を築き上げた。

 ディズニーといえば、ミッキーマウス。ミッキーマウスといえば、ディズニーの独占商標登録だった。

 ところが、そのミッキーマウスとディズニーとの仲を引き裂こうとする動きが出てきた。

 ドナルド・トランプ前大統領の流れをくむ共和党議員十数人が「ディズニーは民主党リベラルの宣伝機関だ」と決めつけ、2024年1月に満了するミッキーマウスの著作権をディズニーから剥奪する法案の上程を目論んでいるのだ。

 著作権については、米議会は、1998年、それまで発行後75年だった著作物の法人著作権の満了期日を95年に延長する著作権延長法改正法を可決、成立させた。

 その結果、1920年代の作品群の大多数が2010年代までその期間が先延ばしされることになった。中でも注目されたのは1928年に発表されたミッキーマウスの著作権だった。

 権利者のディズニー・カンパニーは期間延長のためのロビー活動を展開、そのためこの法律は「ミッキーマウス保護法」などと皮肉られた。

 ロサンゼルス・タイムズによれば、ディズニーは「政治行動委員会」(PAC)を通じて1987年から90年の間に上下両院議員選立候補者に総額1460万ドル(約18億7500万円)、ディズニー従業員有志は47万ドル(約5億9940万円)の選挙資金を出していた。

(https://techilive.in/republicans-took-away-disneys-special-status-in-florida-now-theyre-gunning-for-mickey-himself/)