「新情報入手」で下院特別委公聴会続行

 2021年1月6日の米連邦議会乱入事件に対するドナルド・トランプ前大統領の介在を調査している下院特別委員会は6月23日に行われた5回目の公聴会の後も7月公聴会を続行すると発表した。

 続行の理由は「トランプ氏の介在を示す新たな情報を入手したため」としている。終了後、報告書を出すことになっている。

 メディアの中には、民主党による中間選挙をにらんだ「政治ショー」といった冷ややかな見方をする者も少なくない。

 公聴会を「魔女狩りだ」と批判してきたトランプ氏は「召喚に応じた証人たちは皆ペテン師だ」」と反駁(同氏は12ページに及ぶステートメントを発表したが、乱入事件ついては直接言及することは一切避けている)。

「我が国が直面している物価上昇、粉ミルク不足、失業、教育問題、供給不足、メキシコとの国境問題の責任は100%民主党にある。それらの問題から米国民の目を逸らすためにごまかしだらけのペテン師的なショーをやっている」

「2020年の大統領選挙は不正に操作された選挙であり、私が勝った選挙を民主党が掠め取った」

(https://thehill.com/homenews/administration/3522080-trump-releases-12-page-response-to-jan-6-hearing/)

 政治献金で集めた資金の大半は、「2020年の大統領選挙は不正操作で行われ掠め取られた選挙だ」キャンペーンに費やされているという。

(https://www.npr.org/2022/06/16/1105279623/jan-6-committee-trump-campaign-legal-defense-fund)

 トランプ氏の長男が設けたサイトでは、「サイン入り特注MAGA(Make America Great Again)帽」や自叙伝(実は写真集)を販売、代金として政治献金を公募するメッセージが連日発信されている。

(https://secure.winred.com/save-america-joint-fundraising-committee/jj22-signed-maga-hat/)