「糟糠の妻」、階段から転げ落ち事故死

 ドナルド・トランプ前大統領の最初の妻で実業家のイバナ・トランプさん(73)が7月14日、自宅の螺旋階段から転落して胴体を強く打ち、死去した。

 トランプ氏の不動産業の拡大を助け、トランプ・オーガニゼーション(財閥)を築き上げ、長男ドナルド・ジュニア、次男エリック、長女イバンカさんらを産んだ「糟糠の妻」だった。

 自らを「私こそ本当のファーストレディ」と公言し、21歳若い後妻のメラニアさん(52)とは最後まで複雑な状態だったという。

(イバナさんはチェコ出身、メラニアさんはスベロニア出身。トランプ氏は純粋な米国人女性はお好きでないようだ)

 トランプ氏はSNSでステートメントを発表した。

「イバナの悲報に接し、悲しみに打ちひしがれている。彼女はずば抜けた人生、心を揺り動かす人生を送ってきた、美しく、素晴らしい女性だった」

「彼女の誇りは3人の息子・娘だった」

(https://parade.com/news/ivana-trump-death-donald-trump-statement)

 7月20日の葬儀にメラニアさんも息子バロンさんを伴って、列席した。