ハチ食品は、大阪港開港150年を記念し「大阪港カレー」を2017年7月14日に販売した。

大阪港開港150年記念事業推進委員会との協力により開発した。

国産牛スジ肉を加えて仕上げた

ハチ食品は1845年に大阪で薬種問屋「大和屋」として創業。大阪港より輸入された漢方薬をもとに1905年に日本で初めて国産カレー粉「蜂カレー」を製造・販売した食品メーカーとして大阪港とかかわりがあることから、今回の開発に至った。

「大阪港カレー 中辛」は、隠し味に旨みたっぷりの昆布だしを使用した、濃厚で甘辛いソースに、国産牛スジ肉を加えて仕上げた。大阪らしさを表現したカレーだ。

200グラムで400円(税別)。

大阪府内の土産物店、株式会社舞昆のこうはら(各店舗)、ハチ食品のオンラインショップで販売。