「ギネス公認、最恐唐辛子の『トリニダード・スコーピオン』の実力を、ここ渋谷で披露できればと思います」――。

ラーメン研究家・石山勇人氏が、こう豪語する、自身プロデュースの「激辛家系ラーメン」が、2017年7月19日から東京・渋谷に登場する。

「トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー」を使用

店舗は、渋谷の道玄坂を5分ほど登ったあたり。もともと、横浜家系ラーメンチェーン「壱角家」だった店舗を、新たに「壱角家RED」と店名を変え、激辛専門店としてリニューアルした。

看板メニューは、家系ラーメンの濃厚豚骨スープをベースに、辛さを「閻魔」「龍神」「雷神」「風神」の4段階(辛い順)から選べる『特製辛みそRED』(税込1570円、閻魔のみ270円増)だ。

運営するガーデン(東京・新宿)の國松晃社長は、

「横浜家系ラーメンは、中毒性が高くて美味しいのですが、次の違いを作れないかということで、思いっきり辛いラーメンを作ってみた」

「閻魔」のみに、2011年に最も辛いトウガラシとしてギネス世界記録に認定された「トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー」の粉末が入っている。記者の感覚で大さじ1杯程度か。とにかく「辛さ」にこだわったという。

また、辛さだけでなく四川山椒を加えて「痺れ」も追求。ダブルの刺激で味に奥行きをもたせ、「常習性」を狙う。

「1980年台後半から激辛ラーメンブームがありましたが、その頃は辛みだけでした。そこから『蒙古タンメン中本』や、『カラシビつけ麺鬼金棒』などの店が登場し、痺れに注目して人気を集めてきました。そこで僕らもそれに習った」(石山氏)

石山氏「あまりオススメしない」

オープン前に、報道陣向けの発表会があり、J-CAST トレンド編集部も参加してきた。

記者から、完食率はどれくらいを想定しているのか尋ねられると、石山氏は

「まず、そんなにオススメしないので...(笑い)そうですね...中本の『北極ラーメン』くらいですかね...」

とコメント。北極ラーメンは、人気の辛旨ラーメン店「蒙古タンメン中本」でも最高峰の辛さを誇る一品だ。

恐れおののきながらもいざ、看板メニューとご対面。

「赤唐辛子」「青唐辛子」「糸唐辛子」の唐辛子トリオが、異彩を放つ見た目。粉末状の「トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー」はドサッとまぶされ、四川山椒はスープに溶け込んでいる。

一口、スープをすすると、「辛い」!...じゃなく「痛い」! 痛覚をガンガンと刺激し、あとから痺れも迫ってくる。

周囲で試食している記者たちからは「ごほっ」「うっ」――店内にはむせる音がひびく。汗が大量に滴り落ち、我慢を重ねて食べ進めていくと、これが不思議と慣れてくる。人間の適応力には目を見張るもので、「痛い」!が「旨い」!に変化していった。

辛さと痺れのハーモニーは、予想以上にクセになった。辛いものが得意な記者は無事完食。暑さで食欲が減退しやすいこれからの時期、ぜひ挑戦してみてはいかがだろうか。

ちなみに、「風神」がスタンダードな辛さで辛さ・痺れの表示はそれぞれ2ずつ。自信のない人はここからおすすめしたい。