京浜急行電鉄三浦海岸駅から徒歩5分のところにある三浦海岸(神奈川県三浦市)に、2017年7月28日〜30日の3日間、老いも若きも思い切りよごれて遊べる「ギガ砂場」が出現する。

ギガ砂場の規模は高さが4m、横幅が12m。300トンの砂からなり、その量は子どもが普通の公園で造る砂山のおよそ3万2000倍もある。前代未聞の砂場をゲームフィールドに見立て、さまざまな無料イベントが催される。

参加者は景品もらえる

ギガ砂場では以下の4種目が行われる。「ビーチサバゲー」は会場内を逃げ回る鬼とウォーターガンでやっつけるというもの。鬼の頭に付いている紙風船を割ったら勝ち。ルールは単純ながら甘く見ると砂に足を取られるかも。「ダートスライダー」はギガ砂場のてっぺんからヒュ〜!!とすべる。「ダートフラッグス」ではギガ砂場を登って頂上にあるフラッグ(旗)を奪い合い、「ダートハンティング」は会場のどこかに埋もれている宝を探し出す。

参加希望者は当日会場で申し込む。午前の部の「ダートハンティング」と「ダートスライダー」は9時30分から、午後の部の「ビーチサバゲー」と「ダートフラッグス」は12時からそれぞれ受け付け開始(図表1)。各イベントに参加すると景品がプレゼントされる(数に限りあり)。

このほかギガ砂場の一部を開放して、誰も自由に遊べるスペースも時間限定で用意される。スケジュールの詳細はキャンペーンサイトまで。

砂場遊びの醍醐味よ、もう一度

日本最大の砂丘があることから「スナバ県」を自称する鳥取県の平井伸治知事は、今回のイベントに次のコメントを寄せている。

「驚きました。三浦に巨大な『ギガ砂場』ができるとか...。『鳥取砂丘』の気分を味わえるということでスナ。『ギガ砂場』へ二度サンドと、砂の魅力に『アタック』されては。汚しても発売30 周年の『アタック』で洗えば、かの三浦按針もアンシンでスナ。本家砂場『鳥取砂丘』も、仰ぎ見る砂丘と海に沈む夕日の美しさ、サンドボートやパラグライダーなど楽しさいっぱい。ぜひサッキュウにお越しください。砂丘からサンキュー」

ダジャレで有名な平井知事が「アタック」を連呼した理由は、ギガ砂場が花王の衣料用洗たく洗剤アタックの30周年記念キャンペーン「よごそう。」プロジェクトの一環として企画されたから。同プロジェクトでは思いっきりよごれて遊ぶことを推奨している。

国土交通省の調査によると、1992年には全国の公園で6万3415 基設置されていた砂場は、2013年には6万677基と減少傾向にある。また新設する公園に砂場を設けないなどの対策がとられている自治体もある。

全長500m、奥行き80mの三浦海岸は、東京・横浜からのアクセスが良く、波が穏やかなことからファミリーにピッタリの海水浴場。ギガ砂場で子どもだけでなく大人も童心に返り、よごれを気にせず思いっきり遊んでみてはいかがだろう。いい夏休みの思い出がつくれるかも。