パソコン(PC)およびモバイル機器などを扱うASUS JAPAN(エイスース・ジャパン、東京都千代田区)は、ノートPC「ZenBook Pro(ゼンブック・プロ) UX550VD」を2017年8月初旬以降に発売する。

「Core i7」+512GB SSD、「Core i5」+256GB SSD

本体の小型化と大画面化を両立した超狭額ベゼルの15.6型フルHD(1920×1080ドット)IPS液晶ディスプレイを搭載。エッジ部分にダイヤモンドカットを施したアルミニウム合金製のユニボディを採用し、天板には美しく光る「ASUS」ロゴを配する。バックライト内蔵のキーボードを装備する。

インテル第7世代「Core」シリーズプロセッサー(CPU)とNVIDIA「GeForce GTX 1050」グラフィックスプロセッサー(GPU)を内蔵しながら、重さ1.84キロの軽量を実現。省電力設計により、リチウムポリマーバッテリーで最大約11.9時間の連続駆動が可能だ。

オーディオブランド「Harman Kardon」と協業したという独自のサウンドシステム「ASUS SonicMaster」技術を搭載。豊かで力強い音のスマートアンプ、大容量チャンバーを備えた4つのスピーカーにより、高音から低音まで余裕あるサウンド再生が可能。映画や音楽を高音質で楽しめる。

OSは「Windows 10 Home」をプレインストール。メモリーは16GB。インターフェイスは4K出力もサポートするThunderbolt 3(Type-C)×2、USB 3.0×2、HDMI×1を装備。30万画素Webカメラ、IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANを搭載した。

カラーはロイヤルブルー。

価格は、CPU「Core i7-7700HQ」、ストレージ512GB SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)搭載モデルが19万9800円(税別)。「Core i5-7300HQ」、256GB SSD搭載モデルが15万9800円(同)。