仙台市は、集英社の漫画雑誌ウルトラジャンプに連載中の「ジョジョの奇妙な冒険」をデザインしたマンホールを、市内9か所に設置すると発表した。2017年8月4日〜9月10日の期間限定。

1日乗車券を使って回るのが◎

今回の企画は、8月12日から9月10日まで「せんだいメディアテーク」(仙台市青葉区)にて開催される「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町 2017」の関連イベントとして実現した。

16年度から同市では、「仙台デザインマンホールプロジェクト」と題して、市内各地区の特色を生かした多彩なデザインマンホールの実現に取り組んでいる。これまでに東北楽天ゴールデンイーグルスや、セルコホーム ズーパラダイス八木山(仙台市八木山動物公園)に関連するマンホールを設置した。

今回のジョジョデザインマンホールは同プロジェクトの第3弾。デザインに用いられるキャラクターと出現場所は以下の通りだ。

  1. 東方仗助  西公園C60広場内「杜の都れんが下水洞窟」前に出現!
  2. 岸辺露伴  せんだいメディアテーク前に出現!
  3. 空条承太郎 広瀬通と東二番丁通の交差点に出現!
  4. 広瀬康一  広瀬通と東二番丁通の交差点 3.の向かい側に出現!
  5. 花京院典明 花京院郵便局周辺に出現!
  6. 杉本鈴美  ローソン柳町通店前に出現!
  7. 吉良吉影  仙台一番町一番街商店街内「むかでや」周辺に出現!
  8. 鋼田一豊大 セルコホーム ズーパラダイス八木山(八木山動物公園)東門周辺に出現!
  9. 音石明   地下鉄東西線荒井駅南1出口より徒歩1分の場所に出現!

(注)吉良吉影は8月9日に設置予定。

「ジョジョ大好きだから行ってみたいけど――。仙台は不案内なんだよなぁ」という人も大丈夫。市は設置場所の地図をPDF形式で用意しており、特設ページからダウンロードできる。

市営地下鉄南北線・東西線と仙台市観光シティループバス「るーぷる仙台」を利用すれば、1日で9か所全部回るはず。るーぷる仙台・地下鉄共通一日乗車券は大人900円。

ちなみに17年8月4日から全国ロードショーされる映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」(主演:山?賢人)は、原作だと作者の荒木飛呂彦さんの出身地・仙台市がモデルになっているといわれる。もっとも映画の撮影は仙台市ではなく、スペイン・カタルーニャ地方で行われた。