「この一冊があれば、海外でミステリー・トラブルに遭遇しても大丈夫!」

UFO、ドッペルゲンガー、ポルターガイスト......、世界各国の超常現象を追いかける専門誌「月刊ムー」。オカルトファンを中心に人気を博す同誌だが、その「得意分野」を生かし監修した英会話本「ムー公式 実践・超日常英会話」(学研プラス)が2017年8月24日に発売される。

部屋に幽霊が出て困っています

内容はというと、海外旅行時に役立つ「実践」的な英会話フレーズを多数収録する。ただし、一般的な英会話本と違い、不測の事態への対応に焦点を当てた。

例えば、「友人がUFOにさらわれた時」はこんなフレーズが用意されている。

I need you to call the police AND the military, because my friend was abducted by aliens.(友人が異星人に誘拐されたので、警察と軍隊を呼んでください)

また、宿泊先に出現する幽霊に悩まされた際は、こんな具合だ。

I need to get another room because I'm seeing a ghost in here.
(幽霊が出るので、部屋を変えてください)

「ありえない」と思っている人へ

ムー編集部は、

「『そんなこと(編注:海外旅行先での超常現象との遭遇)はありえない』とお思いでしょうか?でも、世界では毎日のように、謎の事件が起きていることを『ムー』は知っています」

と本書の必要性を説く。

ツイッター上では、

「例文がウケ狙いすぎる。。ww」
「サンプルですでに爆笑してる」

と、真に受けていないユーザーがいる一方、

「めっちゃ実用的やん」
「これで宇宙人にさらわれてもFBIに助けを呼べるし、NASAのインタビューも受けれるな!!!」

と、発売を心待ちにする声とで二分した。

価格は1200円(税別)。