体型を気にする人に人気のファミリーマートの「サラダチキン」が、ついに「RIZAP」とコラボする。

2017年8月8日から、糖質0グラムにおさえたシンプルなRIZAP サラダチキンバー」が発売になった。

夏のダイエット向きの低カロリー商品

ファミリーマートは2015年より、トレーニングジムを運営する「RIZAP」の監修のもと、通常高糖質・高カロリーになりがちな食品を、低糖質・低カロリーに抑えて商品化している。

今回登場するのは、「RIZAP サラダチキンバー」「RIZAP 黒担担風ラーメンサラダ」「RIZAP 濃旨キャラメルプリン」の3種。

「RIZAP サラダチキンバー」は、国産の鶏むね肉・鶏皮を使用。糖質0グラムにおさえたシンプルな塩味のサラダチキンを、食べやすいスティック状に仕上げた低カロリー商品だ。

価格は158円。沖縄県の店舗では、8月22日からの発売となる。

「RIZAP 黒担担風ラーメンサラダ」(348円)は、糖質50%オフの中華生麺を使用。「RIZAP 濃旨キャラメルプリン」(170円)は、北海道産純生クリーム使用。隠し味に塩を加えた。

これらの商品は、一部の店舗を除く、全国のファミリーマート・サークルK・サンクスで販売される。

詳細は公式サイトにて。