ダイキン工業は、「加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70U」を2017年11月17日に発売する。

室内環境をスマホでモニター、離れた場所から操作も

飛び出す「アクティブプラズマイオン」と、吸い込んで分解する「ストリーマ」のダブル方式を採用。0.1〜2.5マイクロメートルの粒子を99%除去可能だといい、微小粒子状物質「PM2.5」にも対応。室内の汚れ具合を、6段階のレベル表示や、同社のキャラクター「ぴちょんくん」の表情で分かりやすく通知する。

ストリーマの放電量を向上させ、フィルターに捕集した有害物質を従来の約2倍のスピードで分解し、脱臭力が約2倍に向上。撥水・撥油効果の高い素材により、電気集じん方式を採用しなくても高性能を維持できる「TAFUフィルター」を業界初搭載したといい、長期的にきれいで快適な空間を実現する。

無線LANを搭載し、温度や湿度、汚れ具合などの室内環境をスマートフォンで把握できるのに加え、同社製の空気清浄機やエアコン複数台を離れた場所から一括操作も可能だ。

そのほか、エアコンとの併用で快適さをアップする「きれいサーキュレーター」、ボタン1つで室内の空気質を診断して自動コントロール「おまかせ運転」などの機能を搭載する。

最大風量は毎分7.0立方メートル。適用畳数は、空気清浄が31畳、加湿機能はプレハブ18畳、木造11畳。カラーはホワイト、ビターブラウンの2色。

価格はオープン。