気温差も大きく、この時期は風邪を引きやすいものだが、大鵬薬品は、ふだん声を使っているプロフェッショナルたちに「冬のかぜマナー」に関する意識調査を行った。

対象となったのは、企業の営業職、教員、コールセンターのオペレーター、看護師、美容師各100名の計500人だ。

職種で風邪への対応は違うものなのか? 調査から見えてきたのは、職種ごとの"暗黙のルール"だ。

「のどの痛みはあるが人前に出ざるを得ない」9割

まず、「冬場に経験したことがある風邪の症状」で、最も多かったのが「のどの痛み」で94%。次いで「せき」で84%、「鼻水」で80%だった。

「ほかの職種と比較し、『のどの痛み』対策に気を遣っている方だと思う」と回答したのは66%と7割近くに及び、日ごろからのどを大事にしようと意識していることがうかがえる。

「『のどの痛み』を感じたものの、人前に出ざるを得なかったことがあるか」では、実に91%が「ある」と回答。のどの痛みがありつつも人前に出ざるを得ないというある種の「プロ意識」があるようだ。

のどの痛みを感じた時に行う対策として、最多は「うがいをする」で67%、次いで「のど飴やトローチをなめる」で64%、「マスクをつける」で57%。

だが、この「マスクをつける」ことに抵抗感がある人には、職業別で差が見られた。

「マスクをつけて人前に出ることに抵抗を感じる」で最多は「企業の営業職」で70%、次いで「教員」で56%、「美容師」で51%、看護師で19%――。

普段からスーツを着て、取引先に出かけるなど人と会うことが多い営業職の人はマナーや外見にも気を付けているのだろう。

風邪をひいていなくても全員マスク

職種別の「風邪マナー」としては、

「お客様の前ではマスクが出来ないので、事前にのど飴などの対策を行なってから対応します」(営業職/37歳・男性)
「コールセンターは閉鎖された空間のため、風邪のはやるシーズンは風邪をひいていない人も含め全員マスク着用が必須」(コールセンターのオペレーター/40歳・女性)
「授業が終わる度にうがいをしている」(教員/36歳・男性)
「接客業なので、なるべくマスクは使わないようにしているからツライ」(美容師/43歳・男性)

といった知恵が出てきている。

調査は、2017年10月16日〜10月19日。インターネットで実施。