パソコン(PC)およびスマートフォンなどの周辺機器を扱うエレコム(大阪市)は、Bluetoothキーボード「TK-FBP102」を2017年12月上旬に発売する。最薄部6.5ミリ、重さ264グラムの薄型軽量モデルで、持ち運びしやすく、場所を選ばずに使用できるという。

Win PC/Android/Mac/iOSデバイス対応

省電力のBluetooth 3.0 Class2規格に適合し、Bluetooth対応のPC/タブレットとレシーバーなしで接続可能。最大3台のデバイスとペアリングでき、「切り替えボタン」を押すだけで瞬時にデバイスを切り替えられる。

日本語79キー配列で、ノートPCなどと同じパンタグラフ式を採用。キーピッチはタイピングしやすいという19ミリ。隣接するキーとの間にスペースがあり、タイプミスを軽減できるのに加え、長い爪も引っかかりにくく快適にタイピングできるという「アイソレーション設計」となっている。

キートップはスタイリッシュで見やすいオリジナルフォントを使用。Android端末で印字通りにキー入力できる独自アプリ「ELECOM Keyboard layout」に対応する。メディア再生などに便利な13種類の「マルチファンクションキー」を備える。

Windows PC/Android用、Mac、iOSの各キー配列に切り替えられ、MacやiOSでも日本語配列で使用可能だ。

電源は単4形乾電池×2本。アルカリ電池を使用すれば約1.1年使用可能。電源オンやペアリング状況が分かるLEDランプを装備する。

対応OSはWindows 10/8.1/7/XP、Android 5.0〜、Mac OS High Sierra(10.13)、iOS 9.0〜。

カラーはブラック、ブルー、ホワイトの3色。

価格は5310円(税別)。